自己紹介(Part4)

MIKADOで御座います。自己紹介も今回が最終回です。次回からはいよいよ本格的な内容になっていくと思いますがまだジャンルを確定できていません。しかし立ち止まっているわけにはいかないので最近購入したアフィリエイトブログの本を参考に書き始めていこうと思います。というわけで今回も内容は浅く広いですが最後まで閲覧して頂ければ幸いです。

あの世時代

2017年…私は浪人生となった。今考えればこの1年は一般人からすればこの世に生きている限り絶対に経験出来ないものを経験出来たので非常に貴重な1年であった(それでも時間の無駄をもう少し無くしたかったのは事実だが)。が当時の私からすればそれはそれは苦痛以外の何物でも無かった。受験に全く興味が無かった私が受験勉強等する由も無かった。だが現役時代にも受験した”特定の大学(正確には大学校であるが)に入学したいという願望はずーっと持っていた。理由を明かすべきなのは知っているがここでは決して言えぬような内容である。明かすのはもう少し一般世間的に有名になってからがベストタイミングであろう。しかしその大学は並みのレベルでは無かった為受験勉強が苦痛で苦痛でしょうがない私からすればそれどころではなく、受験勉強すると体が崩壊するような感覚に襲われ、かといってしないと親からの言葉がきつくなったり生きがい(正確には生きる意味というべきか)を何も感じなくなる等、ただひたすらに「メチャクチャ」な毎日だった。高校卒業時には「かなえたい野望が私にはある。その野望の達成にはその大学に進学する事が最短ルートなうえ、その大学に入学するには学力試験のみで、更に社会を除く全ての教科においてかなり高い学力が必要とされる。だから浪人して勉強以外に道は無い環境を作れば何とか苦痛な受験勉強をするだろう」なんて考えていたが甘すぎた。アレルギー発作により毎日がただひたすらに無価値で無意味なものでしかなかった…そして私は浪人生活スタートから僅か1週間ほどでこの世を去ったのだ…この1年はとにかく思い立つような目立った記憶は特にないのである。

大学生

2018年…なんと現役時代ある程度勉強した甲斐があり特待制度がある私立大学に全額免除で入ることが出来ました。ようやく完全復活とは言え久々の現世は大分様変わりしていたので慣れる年、という感じでした。もう1つ加えるとすれば「初めて一般人の特徴をハッキリと理解した年」でもありました。私は家事もろくに出来ず料理もまともに出来ない、更に医療系大学大学という事もあり勉強に追われた場合何も出来ない事を考慮して下宿を住みかとして選びました。そこはどうやら日本でもかなり下宿の中では有名かつ権威がある所らしく何かと堅苦しいルールの下での生活でした。さらに言うと同下宿生同士の交流がさかんな所でもあることが完全に裏目に出てしまい、一般人とはかけ離れすぎている私は完全に浮いた存在へとなってしまいました。そんな私が目の上のたん瘤だったのでしょう、偶然都会から帰って下宿を仕切っていたBBAが私を追い出すべく様々な嫌がらせや嫌味を言う始末。私は正直言って気にもしていませんでしたが(そもそも周囲を全く気にしない性格ですので笑)「このままだとお前かBBAのどちらかが完全に崩壊してしまうから自分の成長の為にも下宿出てみたら?」と同じ下宿の中でも割と私を気にかけてくれた先輩が提案したので私は退去を決意した。この時某有名家具メーカーの無料貸出軽トラを用いて0円引越しをするという面白エピソードもあるので是非機会を見つけて話せたらと思います。しかしこの時はまだ知る由も無かったのである。来年度(2019年)が本当に自分が格段に、桁違いにパワーアップする年になるであろう事など…

如何でしたか?正直言ってWordpressの不具合や曖昧な記憶の中アドリブでの執筆などもあり浅い内容ではあるかと思いますが私がある程度有名になったその時、質問等あれば詳しくお答えしようかと思います。それでは4回に渡って簡単な自己紹介をさせて頂きましたがここまでご覧になって下さった方々、誠にありがとうございます。それでは次回から本格的に書いていく事になりますが早くジャンルを決められるよう私も頑張りたいと思いますので何卒宜しくお願い致します。それでは、See ya.

コメント

タイトルとURLをコピーしました